サレ妻 多くない?サレ妻になった原因とは?浮気とは無縁のパートナーシップ

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義 パートナーシップ

最近よくサレ妻・サレ夫という言葉を見聞きしますが、
私も例にもれずサレ妻でした。

家庭を顧みずに浮気や不倫をする人や、
自分がサレ妻になった原因について振り返って考え、
浮気とは無縁のパートナーシップを手に入れた今の心境について紹介します。

不倫は密の味?

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義

どうしてこんなにも家庭を顧みずに浮気や不倫に走る人が多いのか、
考えてみました。

  • 恋愛のドキドキ感を思い出すため?
  • 一時の気の迷い?狂い?
  • 映画やドラマで見て、自分ならうまくやれると思った?

いずれにしても、信頼しているパートナーを裏切るゲス行為で
あることには変わりありません。

好きになったら仕方ない?

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義

不倫をした人の中には、「好きになったから仕方ない」と言う人も
いるようですが、ただそれだけで燃え上がって暴走するのは、
独身の時に終わらせておいてください、ということです。

感情にブレーキをかけられず、不貞行為をすることで
悲しませる人がいることにも考慮が及ばない、浅はかなことだからです。

各々が置かれた立場も考えられずに、家庭を顧みずに不倫をする人や、
家庭を持っていることを知っていても略奪する人は、

👿ブラックびーちゃむ降臨

自己チューで幼稚なゲスは地獄に落ちろ♪

と思ってますし、いくら著名な方でもそのような
過去があるだけで軽蔑してしまいます。

結婚している立場で誰かを好きになった場合は、
結婚相手とよく話し合い、残される側の将来を案じ、
去る側がそれ相応の慰謝料と養育費を支払って、
けじめをしっかりつけてから去ってほしい…

というのが理想だと思いますが、それでも心に傷は残るでしょう。

ましてや、不倫相手と関係を持って、一番そばにいる人を
泣かせ苦しませてからの慰謝料は、いくらもらったとしても、
心に傷は深ーく残ります。

世帯持ちを落とそうと思う人の心理

ちなみに、世帯持ちとわかってアプローチする人・付き合おうとする人は、

  • 狙った獲物を落とさないと気が済まない自信過剰なタイプ
  • ヒロインという心境に酔いしれている自己中心的なタイプ

だと思っています。

そういう人は、

👿ブラックびーちゃむ降臨

慰謝料 数百万円 支払う覚悟しといてね♪

と、先に言っておきます。

というか、学校の倫理の授業で教えといてほしいぐらいです。

サレ妻になった原因とは?

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義

私も例に漏れず、サレ妻だったわけですが、
そうなった原因として考えられるのが、

  • ワンオペ育児でも泣き言も愚痴も言わず、とにかく頑張っていた
  • とにかく家事は完璧にして、元夫に尽くしていた
  • 家計管理も完璧にして、自分にはお金を使わず倹約に励んでいた
  • 子どもが可愛くて可愛くて、育児中心だった
  • 仕事で朝早く、夜遅くに帰って来る元夫とほぼすれ違い生活だった
  • 元夫のストレス発散のモラハラにも耐えて尽くしていた

ということで、いつも理解のある良い妻でいようとしていたんです。

仕事が忙しいと聞けば、疲れているだろうからと
子どもの世話をお願いするのを申し訳ないと思っていて、
仕事の用事などの頼まれごと(年賀状100枚書くとかね…)があれば、
自分の睡眠時間を削ってでも何でもして、支えようとしていました。

完璧な妻を目指した結果、元夫にとっては人生のパートナーと言うよりは
なんでもやってくれるお母さん的存在になっていきました。

母親って存在は、理由なしに愛してくれますよね。
何やっても「受け入れてくれる、許してくれる」存在だと思われたのです。

しかし、だからと言って浮気していい理由にもならないし、
ハッキリ言って不貞行為をする人はクズです。

浮気とは無縁のパートナーシップとは?

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義

今になって分かったことは、

  • 自分の感情に蓋をせずに、大変だ、辛いという現状と、助けてほしいことを伝えるべき
  • 完璧を目指さなくていいし、尽くさなくていい
  • 自分にもお金を使っていい!自分の気持ちを大切にする
  • 育児はふたりの仕事!忙しいなら仕事のほうに折り合いをつけてもらうべき

ということでした。

気づいた今は、とてものびのびとパートナーと過ごすことができているし、
「もしも浮気したらどうしよう…」という思考すらありません。

思考は現実化しますから、そう思わないのが一番。

私は愛されているし、愛されるに値する女性だと
根底にゆるがない自信ができたからです。

そう思うようになったマインドを身につけられると、
この世は愛に溢れていて、毎日が幸せで楽しくなります。

こんな絶対的なマインドを身につける方法を、近日中に開講予定の
「ママも子もしあわせ♡シンママ恋愛レッスン」という講座で、
お教えできればと考えています。

このマインドが身についた今は、

パートナーとケンカすることも全然ないし、
子どもに怒ることもなくなったし、
仕事や日常生活でイライラすることもなくなって、

本当、わたしって女神様かお釈迦様?っていうぐらい、
悟りを開いたような境地に立っています。

レッスンについては、準備が整い次第、ご紹介する予定です。

現在、提供しているサービスは こちら

サレ妻 多くない?浮気とは無縁のパートナーシップ【まとめ】

サレ妻,サレ夫,慰謝料,シンママ,シングルマザー,母親,恋愛,母子世帯,理由,考察,恋愛レッスン,出会い,再婚,恋活,子ども,パートナーシップ,離婚,至上主義

巷では、サレ妻が浮気した張本人を許してこそ、
良妻賢母と見る人もいるようですが、本当にそうなんでしょうか?

そこに愛はあるんかっ?

って話です。←大地真央さんが降臨してきました( ´∀` )

表向きは許しているように見せて、心の奥底に恨みつらみを
ふつふつ煮えたぎらせていないのかな?

と、うがった見方もしてしまいます…。

もし、サレ妻になったとしても、周りの意見や世論に振り惑わされず、
自分自身の感情を大事にして、幸せだと思う道に進むことが、
子どもにとっても幸せだと思います。

とにもかくにも、この世から「サレ妻」がなくなりますように。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました